今こそ始めたいseoたくさんのユーザーを呼び込みそして売り上げにつなげたい
seoを考えたホームページ制作
searchengineoptimization

使えるサイト集2

他人の情報に頼り過ぎないSEO対策

他の分野とは少し違って、SEO対策というのは他人の情報に頼ってきっとこうだろうと思い、その通りに対策をしても結果として実感できない事もあります。

時には、順位を大きく下げる様な要因となっているものがホームページの中にある場合には、その部分の改善が必要な場合もある様です。

その時によって状況は違います。時間が過ぎると、どの様に最適化すべきか、という事も変化します。常に一定ではないので、SEO対策では他人の情報だけに頼り過ぎない方がいいのかもしれませんね。

中には対策をしても、お手上げ状態となる人までいる様ですね。
きっと対策で結果を得るのは、難しい事なのでしょう。

seoは人間ではなく人工知能

seoは現在はRankBrainなどの人工知能が行っています。そして、そのアルゴリズムの改変は人間が行っています。このアルゴリズムの改変は頻繁に行われており、その理由は純粋に質の高いコンテンツを評価していくことを目的としているからです。

そして、昔のseoは被リンクやキーワードの大量生成がメインの手法として行われていましたが、現在はそれらの手法はスパム判定されます。そして、その判定を受けると圏外に飛ばされてしまいます。 純粋にグーグルに高く評価してもらうためには、コンテンツの質を上げるしかないです。

seoをホームページで活用する意義

AIを利用した検索エンジンが多くなったことで従来のseo手法では対応できていないと考えられていますが、実際にはseoが効いているサイトと効かなくなったサイトが両極端であることがわかっています。

この2つの差はホームページのコンテンツ量の差と言われています。AIを利用する検索エンジンはサイトのコンテンツが価値があるかをしっかり見ることができるようになっています。従来のseoを利用していてもキーワードだけがあるようなコンテンツでは意味がないのです。重要な事はサイトを誰に見せたいかをはっきりし、さらにコンテンツを磨き上げることです。

定期的な変更とパンダアップデートのseo問題

定期的に変えられるとされるのがパンダアップデートで、突然アップデートされて、他の情報などと一緒に変更されてしまいます。当然ですが、seoという観点でも大事になってきて、アップデートの内容をしっかり見ていなければなりません。変わっていく情報などを踏まえて、問題がないことを把握してから色々な対応を考えるのです。

アップデートの内容によって、もしかしたらサイトの順位が下がっていて、これまでのようなアクセス数が稼げない場合もあります。seoを行っていく場合に、パンダアップデートの問題は結構難しい要素を持っています。

試しにパンダアップデートに駄目なseoをしてみよう

どうしてseoがアップデートの影響を受けてしまうのか、これを考えていくときにはパンダアップデートの情報を知って、実際に影響を受けてしまうような方法を取ってしまえばいいのです。これなら検索順位が下がっていくときに、問題が発生していると把握して、こうしたコンテンツを作ってはいけないと思えるようになります。

実際にそうした状況を試してみると、わかってくる問題点は多くなっています。これまでと違い、自分たちで考えていく方法も大事になっていて、業者にすぐに頼らなくても大丈夫です。seoは、間違っている方法を試すこともいいことです。

SEO関連の情報